アセルカデ

生きるちからプロジェクト

生きるちからツアー 第2弾 「食の自給と建築」

概要

土を中心とした自然を学びながら、循環型の衣食住づくりを実践するプロジェクト。

「地域商人」さんらのご協力のもと2022年3月に始動。

詳細

第1弾では土を知る、土に触れるために淡路島に行き、パーマカルチャーの視点から畑作りを行う金子さん(タネノチカラ)から土について学びました。またこの学びの中で、全てのものは “土” の力によって生かされていることを実感しました。

第1弾で土に触れながら、“開拓”を行なったので、続く第2弾では“拠点作り”を行いました。

拠点作りのテーマは、「食の自給と土を傷付けない建築」。
  
まず、食の自給の第一歩として、稲の手植えを行いました。

参加者みんなで一株ずつ丁寧に植えていきました。

im_report03_01.jpg
im_report03_02.jpg

続いて、土を傷つけない建築。

第1弾で学んだ土の重要性をヒントに、土を傷つけない建築物『ゼロポッド』開発者の下平万里夫(しもひらまりお)さんにお越しいただき、完成に至る15年間の裏話やオールハンドメイド(御自身で!)の製作過程のお話をお聞きしました。

そして、実際に参加者で耕作放棄地を開拓し、『ゼロポッド』を組み立てました。

初めて現物を見るZERO PODは、正に

「God is in the details.(神は細部に宿る)」

また、『ゼロポッド』同様に、土を傷つけないレンガを使ったおくどさんづくりを体験し、土を傷つけない ”住” づくりの実践を行いました。

マリオさんが即席で設計してくれた、モビリティかまども良い火加減で美味しい薪料理を楽しめました。

​ゼロポッドについての詳細はこちら

zero-pod

https://shop.delmare.co.jp/products/zero-pod

im_report03_03.jpg

今後の展望

次回第3弾は10月に実施予定

im_report03_05.jpg